人事と給与の関連づけ|社内ネットーワークでワークフローの連携を取る
男女

社内ネットーワークでワークフローの連携を取る

人事と給与の関連づけ

メンズ

人事と言えば、一般的には人の配置を指します。例えば、栄転したとか、左遷されたとかいった形で、人事により処遇されたなどの意味合いで使われます。しかし、会社を経営する上での人事は極めて広い概念を持ちます。会社にとって人材は、金融資産や工場などの固定資産以上に重要な人的資産です。社員に、よりエネルギッシュに、モチベーションを保って働いてもらうためには、人事で処遇し、高い給与を支払うことが最適です。しかし、会社は無尽蔵に給与を支払うことはできません。一定の人件費で給与を賄うために、人事給与制度を定めています。かつての日本においては、年功序列制により、在籍年数に応じて、昇格し、昇給していました。しかし、現在は、人事考査による評価を加味した、新しい人事給与制度に移行しつつあります。

成果を挙げた人に対してはより多くの給与が支払われるのは、ある意味当然のことです。しかし、人件費の予算に限りがあります。そこで、成果を挙げている人は、昇進を早くすることで、より多くの給与が払われるようにしたりすることで処遇することが考えられます。これが人事給与制度の基本的な考え方です。一方で、昇進するポストは上位の職位に上がるにつれ、減少していきます。このため、人事で処遇することには限度があります。そして、もう一つ検討すべきことが、成果をどのようにして測るかです。会社には様々な職種の社員が働いていますので、成果が表に現れにくい仕事もあります。このため、全社員に対して、公平な評価が行われないと、会社に対する不信感を持たれ、士気の低下のみならず、場合によっては人材の流失にも繋がりかねません。このため、評価制度を確立することこそが、人事給与制度の再構築の近道と言えます。