人とIT技術の融合|社内ネットーワークでワークフローの連携を取る
男女

社内ネットーワークでワークフローの連携を取る

人とIT技術の融合

システム

人的作業とシステム作業

会社における人材の把握は、どこの会社でも一般的に人事が執り行っています。これまではその仕事のほとんどが人的に行われ、管理もされてきましたが、大きな企業ともなれば社員一人一人の把握だけでも非常に時間と手間のかかる仕事になります。昨今、コンピューターを使っての仕事が当たり前になり、もはやコンピューターなしでは仕事が立ち行かないことも多々あります。人事管理システムはこれまでの人が行ってきた人的管理を、IT技術を使って行うところが最大の特徴です。これによって大幅な時間短縮が実現され、人員の削減をすることが可能になりました。企業としては人事管理システムの導入にお金はかかるものの、人件費が削減できることによって、長い目で見れば経費削減につながります。

効果的な使い方

人事では、社員に対する仕事の評価を職位や給料の額に反映する仕事をしています。人事管理システムがなかったときは、評価、給料の計算、その他項目ごとに担当者がいて、それぞれで仕事をしていたのが、人事管理システムの導入でトータルに社員一人ひとりの状況を把握することができるようになります。結果として、人事の仕事を行う誰もが社員を総括的に見ることができ、仕事の能力から勤務状況、給料の額に至るまで情報の共有量が大幅に増えます。これなら担当者がいなくても、その日に出勤している誰もがどんな問い合わせ内容にも対応できるようになるでしょう。人事管理システムで何ができるのかを、人事に所属する社員全員が知れば、仕事の効率は自然と高まります。